鉄板溶接品をプレス一体化成形にする事で工数削減に成功

VA工法

[heading id=”” font_family=”inherit” margin_bottom=”12″ margin_top=”0″ border_radius=”none” padding=”8″ style=”head2″ color=”gray” size=”3″]開発の目的[/heading]
プレス一体化成形により、コストを削減
[heading id=”” font_family=”inherit” margin_bottom=”12″ margin_top=”24″ border_radius=”none” padding=”8″ style=”head2″ color=”gray” size=”3″]開発の効果[/heading]
コスト大幅に削減
VA工法により、金型製作(イニシャルコスト)は必要になるが、加工コスト差額が大きいため、金型償却可能。