異形状PPP倒し

画像をクリックすると拡大表示します

異形状 パンチングパイププレス成形

プレス加工により、入口と出口の径が異なるパイプの一体成型が可能です。
従来はパイプを成形した後に、縮管加工や拡管加工を行っていましたが、金型の摩耗も激しく、工数が多くかかっていた為に工法の改善を行いました。現在はパイプ成形と同時に段差を付け、入口と出口の成形を行っております。縮管加工、拡管加工でお困りのことがあれば是非一度ご相談下さい。

[業界]
自動車部品、建築部品

お問い合わせはこちら