門出

本日、全体朝礼の中で当社の未来を担うリーダー達が、当社の社訓についての大切さ、守らないとどんな不都合が発生してしまうのか。そんなことについて30名のスタッフを前に話をしてくれました。

私は本日まで、彼らが遅くまで会社に残り何かの資料を作っていることは知っていましたが、一切の口出しもしていませんし、内容すら分かりませんでした。

朝礼で「ちょっといいですか?」と言い、全社員の前でこれから私たちが何をしていかなければいけないのか、このままでは、何がいけないのか。話をする若きリーダー。

それを、少しドキドキしながら、また誇らしく思いながら話を聞いていました。

ふとした瞬間、気が付かないほど些細なきっかけで知らなかった自分の特技や魅力を発見することがあります。でもそれには少しの勇気と、勢いが必要です。ですが、その少しの勇気と勢いを、いつもと変わらぬ毎日に注ぎ足してみると、思わぬ化学反応が起こるのかもしれません。

慣れていないので、緊張したことでしょう。驚くほど上手に、また堂々と話せていましたよ。

お疲れ様でした。

 2012年5月31の7:50分。近い将来、大きな成長を遂げるであろう当社にとって、大切な1日となりました。

森下